【新体操(仮)│雑感・評価】変態体育教師による新体操調教ADV【エロゲ】

今回紹介するのは、今は亡き古のエロゲブランド「ぱんだはうす」から発売された新体操女子調教ADV『新体操(仮)』

今作を知ったきっかけはエロアニメから。見たのが相当昔なので内容はうろ覚えですが、「新体操」というニッチなジャンルに惹かれたのと、20年近く前の作品ながら今でも見劣りしない淡く可愛らしい絵柄が気に入ったので原作のゲーム版もプレイしてみました。

 

総合評価

新体操(仮) │ ぱんだはうす
シナリオ
4
キャラクター
6.5
グラフィック・演出
7
Hシーン
4
音楽・ムービー
5
システム
6
ここがイイ!
淡い塗りと親和性の高い柔らかい絵柄
白河トモミのちょろ可愛さ
コンセプトに合ったHシーン
ここがダメ!
9割方薄ら寒いギャグで構成されている文章
底抜けのポジティブ思考だが頭が悪く癖の強すぎる主人公
5.4
so-so
購入はこちら

 

作品紹介

クリエイター情報

ブランド
発売日2001-12-20
シナリオ / /
原画
メイン声優 / / / /
ジャンル・属性 / / /

ゲーム仕様

選択肢で分岐するADV

選択肢によってルート分岐していくオーソドックスなADVゲームのシステムです。

序盤にメインヒロインの「白河トモミ」「羽丘みく」のどちらを調教するか選びます。

 

雑感

闇の新体操に出場するために、女生徒を調教して演技を完成させる

 

変態体育教師の元へ「闇の新体操」という怪しい大会の招待状が届き、大会に出場するために女生徒を調教し、新体操を利用した淫らな演技を完成させる――というストーリーが展開される今作。

陵辱ゲーながら、とにかく主人公がどうしようもないバカで底抜けのポジティブ思考を持っていることから、陰鬱な雰囲気を感じさせないエロコメテイストな作品となっていました。

暗い雰囲気が苦手な方には楽しめるかもしれませんが、残念ながら私には肌に合わなかった。

9割方のテキストが薄ら寒いギャグで構成されているため、これが許容できるかどうかで評価が分かれそうな作品で、個人的にはハードな内容の陵辱ゲーを期待していたのでこのコメディ調の作風は肩透かし。

 

ヒロインの可愛さとグラフィックの美麗さは満足度が高い

 

とはいえ、ヒロインは結構お気に入り。特に大波こなみさん演じる白河トモミが一推し。

理事長の娘でわがまま、気に入らないことはお金で解決という典型的な高飛車お嬢様ヒロインですが、主人公に対して悪態をつきつつも、愛称(?)で呼びながら毎晩調教に付き合ってくれたり、ちょっかい出して構ってもらおうとしたり……絶妙にチョロくて可愛い。

あとは、淡い塗りと親和性の高い柔らかくて可愛いグラフィックも魅力的。

どのCGも崩れずに一定のクオリティを保っていて、新体操というコンセプトを活かした衣装やポーズで、普段見れないような構図のグラフィックを堪能できました。

グラフィック同様、Hシーンも身体の柔らかさを活かした体位や、醍醐味であるレオタード衣装でのプレイ、リボンやクラブ、フープなどの道具を利用したものもあり、コンセプト通りのシチュエーションが楽しめます。

 

新体操モノのマニアックなエロゲとして見ればそこそこ楽しめるかも

 

「調教・陵辱ゲー」としておすすめはしづらい作品ですが、新体操をコンセプトにしたHシーンを楽しみたい方や、バカゲーが好きな方、グラフィックの雰囲気に惹かれた方はそこそこ楽しめる作品だと思います。

ちなみに、シリーズの続編はバカゲーのイメージを払拭して、陵辱色の強い作品となっているようなので、この絵柄でがっつり陵辱ゲーがプレイしたい!という方は『新体操(真)』のプレイをお勧めします。

ところで、教師なのに生徒の着替えを白昼堂々覗いたり、ユニフォームをズリネタに使うなんて日常茶飯事の主人公がなんでクビにならないんだ?と疑問に思ってましたが、トモミの好意で不祥事を揉み消してるのだとしたら……余計に可愛いなぁ、なんて思ったり……!(妄想です)

 

購入はこちら

ぱんだはうす │ 2,750円(DL版)

» DLsite » DMM » 駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。