【一言感想まとめ】puncTure / 人妻奴隷喫茶 / 令嬢マリー / Temptation~催淫の奈落~【同人ゲーム】

今回紹介するのは、『puncTure』『人妻奴隷喫茶』『令嬢マリー ~母子受胎晩餐会~』『Temptation ~催淫の奈落~』の成人向け同人ゲーム4作品です。

簡単な感想と共にまとめてみました。

 

puncTure

 

美少女拷問シミュレーション

「puncTure(破裂させる)」という身も蓋もないタイトルの通り、ゴスロリ衣装を纏った可愛らしい不死身ヒロインを嗜虐嗜好を持つ主人公がひたすら痛めつけて拷問する同人ゲームです。

拷問シチュは、水責め四肢切断、苦悩の梨など定番(?)なものもあれば、不死身の身体という設定を活かし硫酸責め、内蔵・目玉抉りなど目も当てられないほど惨いものまで。

そういったものが性的嗜好の方以外は絶対にお勧めできない内容となっています。

ディストピア感漂う世界観の作り込みやヒロインに同情してしまうような設定からシナリオにも期待してしまいましたが、どのエンディングも暗く救いがない。初志貫徹したコンセプトです。

古い作品なので規制が緩かったのか、一部のCGは無修正なことにも驚き。(綺麗なピンク色の臓物がむき出しに……)

このご時世で同じ作風を販売するのは難しそうなので、そういった意味ではかなり貴重な作品。キツめのスプラッターゲームということを念頭に置いてから、それでも興味がある方はプレイしてみてください。

サキちゃんが健気で可愛いので終始報われないエンディングの数々には胸が痛くなる……

 

購入はこちら

Dopamine │ 2,200円(DL版)

» DLsite » DMM » 駿河屋

 

人妻奴隷喫茶

 

巨乳人妻汁奴隷ノベル

金持ち学生たちに万引きの現場を目撃され、それをネタに性奴隷として利用される人妻をコンセプトにした作品。

選択肢はおろかバックログや音量調整といったノベルゲーとしての必要最低限の機能すら搭載されていない、ただ読み進めてHシーンを楽しむことに特化した抜きゲーです。

喫茶店を一人で切り盛りする子育て中の人妻ヒロインということで、母乳滴るおっぱいや店内の備品を活かしたシチュエーションが多く、最初は嫌がりつつも旦那に放っておかれて溜まりに溜まった性欲が若々しい男たちによって解放され、最終的に快楽堕ち、このち○ぽ無しでは生きていけない……というお約束展開が楽しめます。

一部のHシーンはアニメーション付きで、飛び出す母乳や精液がエロさを増長。

かなり古い作品なので実用性は低いかと思いますが、人妻・母乳といったワードに惹かれた方やグラフィックが好みの方は楽しめるかもしれません。

ただ、値段の割にボリュームが少ないのでセール中で安く買える時以外はお勧めしづらいです。

 

購入はこちら

Black Lilith │ 1,650円(DL版)

» DLsite » DMM » 駿河屋

 

令嬢マリー ~母子受胎晩餐会~

 

母子受胎凌辱アドベンチャー

疎ましい義母たちを屋敷から追い出そうと画策していたが、執事たち男集団に裏切られ陵辱されてしまうという作品。

依然としてバックログは搭載されていませんでしたが、今作は各音量調整や画面エフェクトの切り替えなどが設定できるコンフィグ画面が実装されていたので、同ブランドの過去作「人妻奴隷喫茶」に比べ操作性の改善が見られました。

また、選択肢でルート分岐といったオーソドックスなADVスタイルになっていたことと、特定のHシーンでイベントCGをクリックして「服を脱がせる」「触る・揉む」などの簡単なお触り要素が追加されたことにより更にゲームらしさが増していたと思います。

肝心の内容としては、期待していた陵辱・輪姦シーンはそこそこ楽しめました。見下していたはずの義妹と令嬢の立場が逆転するというエンディングは意外性があって良かった。

ロリ、大量ぶっかけ、孕ませ、輪姦系のシチュが刺さる方であれば楽しめるかもしれません。

例のごとく古い作品なので、セール中の購入をお勧めします。

 

購入はこちら

 

Temptation ~催淫の奈落~

 

催眠調教シミュレーション

人の心を操作できる催眠能力を使って期日内にヒロインを性奴隷に堕とすのを目標とした作品。

プレイしたのは、原作の全グラフィックを塗り直したリファイン版になります。

声優さんの演技力や、ヒロインの心の声がボイス付きでテキストに反映されているため快楽堕ちしていく様子が分かりやすく描かれているのが印象的です。忠誠心の度合いによってヒロインの表情がどんどんメスになっていくのが気持ち良い。

現代風の塗りにリファインされたグラフィックは当時の絵柄に比べ取っつきやすくなり、肉感的な身体と艶のある塗りの親和性が高く美麗なグラフィックに仕上げられていました。肌のハイライトの入れ方とか、体液の表現方法とか非常にそそる。

ただ、調教系SLGの宿命もあってか、一つ一つのHシーンの尺が短くあっさり気味だったのは少し残念。

あと、過度な調教で負荷をかけすぎるとヒロインが精神崩壊してしまったりと、シミュレーションパートのゲームバランスが絶妙に難しく、結局全エンディングの回収ができませんでした……。何度かやり直したんですが、精神崩壊EDと闇オークションEDばっかり迎えてしまう。(攻略サイトを参考にしても途中で詰んでしまったので、リファイン版で分岐条件が変わったのかも…?)

催眠調教シチュやゲームシステムが好きな方は、エロに過度に期待しすぎなければそこそこ楽しめる作品だと思います。

グラフィックの美麗さだけで値段以上の満足感は得られました。

 

購入はこちら

Parthenon │ 1,980円(DL版)

» DMM » 駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。