【赤い砂堕ちる月│雑感・評価】主人公の性格が5種類に変化するアジアンファンタジーADV【乙女ゲーム】

今回紹介するのは、アジアンファンタジーな世界観の乙女ゲーム『赤い砂堕ちる月』

原作はPC向けの同人ゲームですが、今回はCGやボイスなど追加要素を加えたPS Vita移植版をプレイしました。

 

総合評価

赤い砂堕ちる月 │ Landkarte
シナリオ
7.5
キャラクター
8
グラフィック・演出
8
音楽・ムービー
7
システム
8
ここがイイ!
アジアンファンタジーの世界観と魅力的なキャラクターたち
主人公の性格が5種類に変化する斬新な設定
ここがダメ!
黒幕を倒すまでの過程があっさり気味
糖度が低め
7.7
good
購入はこちら

 

作品紹介

クリエイター情報

メーカー /
発売日2016-03-10
シナリオ
原画
メイン声優 / / / /
ジャンル・属性 / /

ゲーム仕様

選択肢とマップ移動によって分岐するADV

選択肢とマップ移動によってルート分岐していくオーソドックスなADVゲームのシステムです。

符術による戦闘システム

作中、符術を習得して戦う戦闘パートが度々挟まれますが、難易度が選べるので苦手な方でも積むことはないと思います。

あくまで作中の雰囲気を味わうためのスパイス的要素だと思うので本格的なものではありませんでした。

名前変更可能

主人公の名前が変更可能です。デフォルトは「春霞しゅんか」。

デフォルト名でのボイス呼びが完備しているので、ボイス付きで呼んでもらいたい人はデフォ名でのプレイを推奨します。

 

雑感

アジアンファンタジーの世界観とキャラクターたちが魅力的

 

自分の全てを預けられる主にしか「素顔を見せてはいけない」という掟がある符術士の主人公。主探しをしている中、様々な人と出会い符術士として成長していく。次第に東汪国の存亡を揺るがす動乱に巻き込まれていき――というストーリーが展開される今作。

中国を舞台にしたアジアンファンタジーの世界観なので、聞き馴染みのない単語が頻出し最初は取っつきづらさがあったものの、用語解説モードや作中での説明もあり設定が理解できてからはその世界観にどっぷり浸かってしまいました。

心に決めた主のみ、主人公ちゃんの素顔を見れるという設定が性癖に刺さります。お互いの気持ちを伝え合い、契約をしてようやく素顔を見れた時の各々の反応にドキドキされっぱなし。

これですげえブスだったらどうするんだろうと思いつつも、純愛ゲーにそんな無粋なことを考えたらダメなのだ。

あとは、メインキャラクター5人だけが攻略対象かと思っていたら、親友ポジションの杏紅ルートまであったのはびっくり。しかも、メインキャラクターと遜色ないほどのボリューム。

符術士同士の契約ってアリなの!?と驚きつつも、可愛い系の春霞と綺麗系の杏紅、タイプの異なる美少女たちが仲睦まじく料理をしたりお風呂で語り合う姿は微笑ましい。

 

主人公の性格が変化する斬新な設定も面白い

今作の一番の特徴といえば、選択肢によって主人公の性格が5種類に変化するという独創的かつ斬新な設定ですね。

光属性の主人公であれば、引っ込み思案の温厚な性格、水属性なら冷静沈着で物怖じしないクールな性格……など、火・水・風・光・闇の5属性それぞれの性格に変化していきます。

別人かってくらい印象が変わるので違和感はありましたが、これはこれで新鮮でした。

この属性じゃないと攻略できないキャラクターがいるという縛りもないので、お気に入りの属性がいれば全キャラその主人公ちゃんで攻略するのも良し、5属性バラバラで攻略するのも良し、このキャラならこの性格との掛け合いが楽しそうと想像するのも良し……と多彩な楽しみ方ができるのも面白かったです。

ちなみに、クリア後のおまけエピソードは全属性分あるのでエンディング付近でセーブしておいて、後で回収するのをおすすめします( ˶ˆ꒳ˆ˵ )

 

スケールの割に小さくまとまってしまった感じは否めない

 

マイナス面としては、壮大な世界観なのに黒幕を倒すまでの過程があっさり気味だったところでしょうか。

かといって糖度の高いいちゃラブが存分に味わえるというわけでもなく(ラブシーンは終盤にちょこっと)どっちつかずの中途半端な感じは否めません。

スケールの割に小さくまとまってしまった気がするので、欲を言えばもっと重厚かつ血生臭い利権争いを見たかったです。

いちゃラブに関してはおまけシナリオで補完できるんですけど、もっともっと堪能したかった……原作版に18禁描写があれば絶対そっちもプレイしてたと断言できるくらいエロが映えそうなストーリーだったので、ちょっぴり消化不足ですね。

こういった作風の女性向けゲームをプレイするのは初めてでしたが、アジアンファンタジーものが好きな方、歴史ものが好きな方は楽しめる作品だと思うので、気になった方はプレイしてみてください。

原作の同人ゲームのほうが価格は安いんですが、ボイスやおまけシナリオがないのがネックなのでVitaを持っている方であれば移植版をお勧めします!

推しは圧倒的に洛泉でした♡

 

購入はこちら

Landkarte / dramatic create │ 7,590円(PKG版)

» 駿河屋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。